暇を持て余した神々の遊び~牢獄編~

悩む出来事が起こったとき。コミュミケーションが上手くいかずたまたま誤解が生まれてしまったとき。なにかに怒りを抱えたとき。もちろん私にも同様の経験があります。
たぶんみんなあると思うのです。
そんなとき私はこう思うのです。

これひとつで大抵のことは乗り切れます。

ゲーム内でも現実でも死ぬ以上の大変なことってほぼ無い現代。フタを開けてみればわりと小さい世界の悩みだったりすることも多いものです。なので例えばこんな些細なことにも使えます。

 

ルーム内全員「・・・・(シーン)・・・・・」

 

素晴らしい名言です。
こんな感じで常にこの言葉を心に留めておくと何でもわりとどうでもよくなってきて良い感じに人生を楽しめますぞ(๑•̀ㅂ•́)و✧みなさんぜひトライしてみてくださいね。

本題に入るよん。

ゴレオン将軍と檻の存在

ある日のこと。
突然フレンドからこんな情報が耳に入ってきました。

数日前実装したばかりにも関わらず合成効果が思ったほどではなく敬遠していた新コインボスのゴレオン将軍。檻という響きに非常に興味そそられます。

 

そして私は動きだす。

即席で思いついたにも関わらずノリよく集まってくれるメンバーに感謝。ひとまず練習札で1戦遊び人4人で行ってみる事に。

ちなみにこちらがゴレオン将軍

報酬はハイドラの伝承アクセです。ゴレオン将軍と対面すると同時にオガ男のログメちゃんがピーコのような口調で静かに口を開き始めました。

 

確かに上半身と下半身の色が違うけど
逆によく気付いたね・・・・・?

 

 

彼らとこういう話を始めると終わりがないので、日が暮れる前に先を急ぐことにします。

 

 

戦闘開始後はある程度ダメージ与えるとすぐに檻が出てきます。

 

お目当てのオリがでてきただけでテンションMAXに。

もはや興味は
檻 >>>>>>>>>>>>>> ゴレオン
状態。

戦闘中にはしぐさができないにも関わらず必死に探すオドム氏はひとまずそっとしておきましょう。

回復もいない危機的状況の中・・・・・・

檻の中が居心地が良すぎます。

 

~ そして全滅へ ~

当然のことながら自ら檻に閉じ込められたわたしたちは激しい戦闘の末そのままそっと息を引き取りました。
しかしこのままで終わるわけにはいきません。
転職して本番へ挑みます。

 

【本番】全員檻から出ないで倒しちゃお。

話し合った結果、構成はパラ旅占天地で挑みます。先ほどは練習札でしたが今回は本番のためコインを投入。より本番らしさを追及するため身代わりは入れません。

 

非常に頼りになる仲間たちです。

そしてゴレオンさん二度目のご対面

 

またもや話が終わらないので先を急ぐことにします。

 

檻の中に仲間が密集するのでパラのにおうだちで仲間を守りつつ占いの範囲でザコ一掃作戦です。ゴレオン将軍自体も範囲攻撃が多いため天地入りでカカロン蘇生。

やはり範囲被弾が檻の中では避けきれません。パラのHP回復が追い付かず蘇生リレーに。僧侶入れた方が相性良いかもしれません。どちらにしても普通に倒したい人には絶対にオススメしませんので真似しないようにお願いします。

 

と、全員檻に入っているとゴレオンまで中に入ってくることが判明。

 

これエレベーターだったら完全に定員オーバーなやつです。

 

 

なかなかの苦戦。
するとそこにチリンチリン。

 

 

なんとこのタイミングで天獄がオープン。

 

 

こうなると牢獄デスマッチなぞ神々の遊びをやっている場合ではありません。既に壊滅状態だったので自然とみんな死に急ぎます。

 

牢獄プレイ最高に楽しかったよん。
今回倒せなかったので次は構成を変えて再挑戦してきますぞい(/・ω・)/

 

最後は天獄できっちり遊んできました。

 

確かにハイテンションかめはめ波うってます。

 

 

みなさま良い週末を。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

あけましておめでとうなんて言わないよ絶対

新年明けましておめでとうございます。

みなさま知っての通り年が明けました。
ブログを始めてから約半年。
街で声をかけていただく機会も増え少しずつ認知度があがってきているのだなぁ・・・と、大変励みになっております。
いつもありがとうございます。
適当な自由ブログですがずっと続けていく予定でございますので引き続きよろしくお願いします。
っしゃ!フリーダム最高!

 

昨年を振り返り・・・
昨年はいろいろありました。
いや、無かったかな・・・?
どっちでもいっか(∩´∀`)∩

 

アイリの2018年の主な出来事といえばブログ開始、オフ会数回、チーム加入、ルーム設立、イベント開催、防衛軍TA挑戦等々。

アクティブに活動できた一年でした。

ここで個人的な出来事を簡単に、かつ一年分まとめてみました。私の思い出の写真とともに皆様も心のアルバムを開きながらぜひご覧ください。

2018年1月~4月

2018年5月~8月

2018年9月~12月

以上。
いかがでしたでしょうか。

あっという間でしたね。
そして私の2019年の目標はたったひとつ。

ブログランキング1位です!

あ、間違えました。
1つでも順位をあげることです。

今年はもっと交流の輪を広げたい気持ちもありますので更にアクティブに動いていきます。
イベントもたくさん企画しようと思います。もちろん現状の仲間もビシバシ大事にしていくわよ!さあ覚悟はいいわね!アンタたち!

目標ひとつどころじゃなかった。

最後に。

攻略の虎チームの皆様。各ルームメンバー・防衛軍関係者・フレンドの皆様。そして、今ここでブログを読んでくださっている皆様。ふつつか者な私ですが、一瞬でも読んでくださる皆様を笑顔にできたら嬉しいです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

防衛軍蟲8凸討伐

 

貧乏で悩んでいるのに金策が何よりも嫌い。そんなオドム氏がこの日は珍しく金策をしようとしていた。

 

 

並大抵の覚悟じゃなかった。

 

 

命を宣言しているだけあって、チャットがはんぱない速さで返ってきます。

 

完全にガチであった。

 

ご挨拶遅れましたアイリです。

今回のタイトル 「防衛軍蟲8凸討伐」

最近タイトルはひねったものにしていたのですが今回はもう面倒になったのでこのままストレートに書きました(∩´∀`)∩えへ
たまにはこういうのも悪くないものです。ちなみに知らない方のためにプチ解説しておきます。

防衛軍でよく使われている専門用語 「ボス名+8凸(とつ)」とは・・・
「8で突(とつ)破する」という意味で使われている専門用語で要は8人全員でボスまで突っ込むぞ!ってことらしいです。7凸の場合は門守1人+残7人がボスへ突っ込んじゃうからな!ということになります。意味がわかるまでずっと私が8凸(でこ)って呼んでいたのは内緒にしといてください。

 

防衛軍蟲8凸ツアーへようこそ。

早速ご案内していきましょう。集合の際には儀式があります。まず皆さんこのように目の前でおそなえしてください。これがないと中には入れません。

そして心静かに30分間黙とうしましょう。

 

・・・・・よし。

 

落ち着いたところで中へと入ります。

はい。
こちらがリトライストーン処理場となります。

私たちは「今」を生きる勇者たち。リトライストーンなぞ甘ったれた石は必要ありませんのでここでさよならします。なお捨てるときの合図は「p(=ぽい)」が一般的ですがときにはイライラしているもあるでしょう。

 

そんなときは・・・

まあこんなんでも良いのでそこらへん適当に捨てちゃいましょう。

 

さていよいよ戦場の間へご案内します。今世紀の運命をかけた蟲との対決の時間です。

 

そう。ここへ来た私たちは選ばれし勇者。そこらのザコ供は相手にしません。このようにボスに向かって突っ走るのみです。

 

 

~そして走り続けること約20秒~

 

なんか、遠くない・・・・・・?

 

やっとボスが見えてきました。

さあここから虫の駆除開始です。

 

蟲1体 VS 勇者8人
この時点で既に勝負はついているようなもの。ガジェ・レボル・災禍等準備しつつ攻撃開始します。

 

ここでさり気なくバザックスB死亡のお知らせが届いております。

が、無視して攻撃し続けるわたしたち・・・

 

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァァァ!!

 

~さらに続けること数秒~

もう数字が重なりすぎて誰がなんの攻撃をしているのかもさっぱりわかりませんが爽快感はまじではんぱな・・・・・・

 

あっ・・・・

無事に軍団を追い返しました。最初はなかなかタイミングが合わずに挑戦を繰り返し念願の討伐。そして人はあまりに驚いた時は「お」しか出てこないらしい。もちろん私も同様です。

 

とりあえず「おおおおおおおお・・・」とだけ言っておけば気持ちは120%伝わります。

 

討伐タイムは1分49秒09でした。

 

これが初回討伐だったのでみんなで記念撮影。

 

 

パシャパシャ!
チョッピに明るい光が差しましたぞ。ゲーム内とはいえひとつの目的に向かってみんなで試行錯誤しながら挑戦していく事。すごく楽しくて熱くなれます。達成したときの嬉しさも倍増です。
いやぁ仲間って良いね(∩´∀`)∩

 

すると・・・・・・
そこに第二回アストルティア気遣いの出来る男ナンバーワンであるネオもちさんからの一言。

 

ピキーン

 

えっ?
まじすか・・・・・・・?

 

おいいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃ!

恥ずかしがり屋さん状態になっとるやん・・・・

 

聞くところによるとどうやらこのおっちゃんに話しかけて、事前に「公開設定」しておかないとランキングに名前が載らないらしいですたい。。。

おっちゃん・・・・
頼むで・・・・・・

 

皆様も挑む際にはぜひお気をつけください。こうやって討伐出来たのも今挑戦出来ているのも、何もかも一緒に行ってくれている素晴らしいメンバーのおかげです。みんなほんとにいつもありがとう(๑•̀ㅂ•́)و✧
そして引き続き私たちの挑戦は続いていくのであった。終わりなんてないのフォーエバー。

 

いざ戦場へ・・・・

~To Be Continued~

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

私のドレア25種パート2~そして伝説へ~

最近惜しいところでサソリに勝てず
全世界の虫を一掃する勢いのフレがいます。

彼女の名前はシア。

 

サソリ実装より虫を見ると途端にもうひとりのシアが出てくるようになりました。たとえば自身が魔触を喰らったときも・・・

常にサソリに対して尋常じゃない怒りを抱えています。ただし、誤解しないで欲しい。普段はものすごく礼儀正しい彼女。負けても決して他人のせいにしたりしません。自分に厳しく自分に対しての怒りを抑えきれない男気あふれるエル子なのです。

 

そんな彼女が先日こんなことを言い出しました。

怒りが限界に達したのでしょう。どうやらリアルで周りの虫を始末しているらしい。

 

そして・・・

 

とうとう彩どりすら怒りを感じる始末。

 

限界突破をした先には「紅」を目にしただけでブチギレ。

さく氏の髪の色もギリギリのラインでしょう。

 

厨二のような発言もしばしば飛び出します。

 

シアとPTを組むといつも腹筋崩壊しているアイリです。余談でした。

新作ドレア8種公開

 

さて・・
ちまたではVUで盛り上がっているところで髪色が2種類にできるようになりました。被り物ドレアが多いアイリにとっては無縁の話ではありますが、新作ドレアが何種類か増えましたので今回ご紹介していこうと思います。

 

まずこちらが今回増えた8種類です。

一番右下は幼稚園児をイメージしていますが、これから作成予定のためまだ名前ありません。この中でいくつかピックアップでご紹介していきます。

 

貴婦人をイメージしたドレア

ドレアイベントの審査員をする際に作成しました。パリコレでランウェイを歩くイメージを表現しています。もちろんこの衣装を着るときは話し方もマダム風に変えています。

 

寝る前の赤ちゃんをイメージしたドレア

名前も「ばぶばぶ」で登録。ピーターパンが寝ているウェンディを迎えに来るときのパジャマをイメージ。私のドレアはアクが強いものが多いので初対面でPTを組んだときにビックリされないように作りました。

 

笑ゥせえるすまんドレア

これはどなたか作った人のネット画像を参考に作りましたのでオリジナルではございません。最初に作成した方のクオリティに感動して作成。
若干色合いなどは自分流に変えておりますが出来栄えに満足しています。いえお金は一銭もいただきません。
大事なのはココロなのです。

 

入院中に病院から抜け出してきたドレア

「不慮の事故で入院するもコンビニに行きたくて深夜に抜け出してきた」というテーマで作りました。足はスリッパをイメージしていますがあえてダサめの色にしています。なぜなら病院を抜け出すときのスリッパなんてそこら辺にあるもの適当に履きますからね。

 

鏡餅ドレア

そろそろ年末そして年越し。季節感あるドレアを作りたいと思っていた矢先にフレのネオもちさんを臼で突いているときに思いつきました。メレアーデウィッグはレインちゃんからの贈り物です。鏡開きのときはぜひお呼びください。

 

テントウ虫ドレア

フレンドであるデザイナーのトミー氏が私の為に考えてくれたドレア。
顔だけ見ると周囲からバイキンマン。バイキンマン。などと言われますがどこからどうみてもテントウムシ。溢れんばかりの才能が光る作品に仕上がっています。これを見て、もし彼女にドレア作成のご依頼があれば事務所を通して欲しいそうですのであしからず。

 

そして新作含め現在のバリエーションはこのようになりました。

また閃いたらちょくちょく作っていきますぞい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

空とスコルパイドの間には~親愛なる仲間たちへ~

 

それはとある日のことだった。

 

・・・・・・こんなところにいたのね。
探したわ。

 

 

大丈夫。
この一歩を踏み出せばあなたはもう自由になれる。
そう怖がることなんて何もないの。

~To Be Continued~

 

こんにちはアイリです。

 

数日前のこと。

先日の日曜日の昼下がり。
この日はまたしてもスコルパイド3の日であった。

 

彼の名はツンデレ系男子のネオ氏。私の尊敬する偉大なるチムメンのうちの1人です。そして彼の粋な計らいにより挑戦が始まりました。

 

死闘を繰り返し数時間が経過したころ。ひとりのメンバーがふとこんなことを言い出しました。

もはや彼の集中力と思考回路は限界に近かったのでしょう。

おそらく悟空がここにいれば、

「スコルペェドおめぇほんとつええぇんだなぁ。オラまいったぞ」

間違いなくこうなると思いますが定かではないので、この案件に関しては事実確認をしてからまたブログで詳しく書くとしましょう。

 

ここでメンバーが別の予定により一時解散。新しいPTを組みなおして挑戦することに。そこへ見慣れた顔の夏が好きそうな人が登場。

 

このいつもの感じの空気感がとても落ち着きます。その後、真面目に戦闘を続けるわたしたち。すると突然歩き熱波が発生。

 

 

よくあるやつですが何故かいつもの倍くらい歩いていたため・・・

 

 

長丁場にとうとう壊れ始めたのでしょうか。いや、逆に言えばこれぞ強者の余裕。この落ち着きは見習わねばなりません。

その後も何度か挑戦すること数時間・・・・

赤以降にたびたび涙を飲んだ血陣。本当にこれには何度も何度も泣かされました。例えばこれ。

事前に走るもこの位置からは運悪くすでに間に合いません。

 

そしてこれ。

またもや事前に走るもその先、真ん中の隙間が小さいから厳しい。

 

そしてこれ。

全員が敵が杖を上げる前の絶妙なベストタイミングで走り出していますが、バト構成の立ち位置だと血陣の場所がだいぶシビアだなと感じました。今回載せた3種類は全て真ん中の賢者リンクまものパターンです。

 

次第に心が折れかけたアイリはアドバイスを求めるも・・・

どうやら彼らには日本語が通用しないようです。

 

そして・・・・・・

 

めげずに挑み続けた結果、無事にヤツを永眠させました。

お昼から開始して12時間近い戦いの末でした。でも皆様お分わかりでしょうか。称号はおまけであって本当に大事なのは、「討伐できるくらいの安定した力を自分で身に付ける」ことなのだと。そのため素晴らしい仲間の動きを肌で感じながら、戦い続けたこの貴重な時間は長いようで短かった。これでまたひとつ私も成長していけるようがんばるだに(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

最高の仲間へメッセージ

私はもう正直ここまできたら勝利することでしか恩返しが出来ないと思っていた。アイテムもたくさん使ってくれた。ポジティブに挑み続けてくれた。そんな仲間たちの気持ちはしかと受け止めた。絶対に忘れませんぞ。最初から最後までずっと付き合ってくれたネオさん。途中でかけつけて勝利を決めてくれたリーダーなつお氏。討伐にPTを組んでいなかったけども、今まで組んでくれた方がいて、その全てが今回の討伐に繋がったのは言うまでもありません。一度でも私とPTを組んでくれた全ての皆様へ、伝えても伝えきれない最上級の感謝を。
本当にどうもありがとう。

 

ちなみにこのあと更に別のメンバーとも楽しくスコルパイド行ってきましたとさ。

これからもいろんな職で挑戦すっから
いつでもスコルペェド声かけてくれよな!

 

おわりに

そろそろ年の瀬なのでネオもちをどうぞ。
先着5名様ですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

攻略の虎 with S(スコルパイド討伐)

スコルパイドという正体不明のエビが現れてからはや数週間。
先日、フレがこんなことを言って嘆いていました。

もちろん彼女が真面目にやっていないわけではありません。
スコルパイドはHPリンクをしているためミスしたら相手も死なせてしまうというギス要素を含むバトルコンテンツ。
おそらくギスギスしないために盛り上げようと合間をぬってチャットをした結果、一部の方に真剣にやっていないのでは?と感じ取られてしまったのでしょう。

【戦闘中の必要最低限以外のチャットは不愉快な人もいる?】

例えば、「災禍いきます!! レボル入れます! 当たります!」これは一般的にOKとされています。でも、

「オラオラウェーブくらってんじゃねーぞーぉ!」
「いまの一撃は絶対許さんからな!俺は怒ったぞフリーザァァァァァーーーー!!!」 等

大げさに書きましたがこのような若干ネタ系を含む盛り上げチャットはNGという人が確かに一部いらっしゃいます。
一部の人が戦闘中雑談チャットNGなのはなぜか?

真剣にやっている感じがしないから

まさにこれだと思います。
確かに「勝ちたい。」「そんなチャットをしている暇があればちゃんとやって欲しい。」そう思う気持ちはわかります。でも、

盛り上げチャットをする=真剣にやっていない

そもそもこの方程式はおかしいと思うのです。完璧な立ち回りをしていれば騒ぎ系チャットを挟んでも真剣にやっていないとは思われないでしょう。しかし人間誰しもミスはありますのでなかなか難しい問題です。このチャット勢と非チャット勢の温度差はどこから生まれてくるのか。おそらく目的意識の差なんですよね。

【チャット勢】
勝ちたいのは大前提として、チャットも含めて勝つまでの工程も楽しみたい派
【非チャット勢】
勝つことが第一目的で、それ以外の楽しさを求める優先順位が低い派

どちらも楽しみ方の違いなので、どちらが正解とかはないと思うのです。なので組んだPTによって場の空気を読むことは大切だなぁと感じます。ただチャット勢の方たちはだいたい周りを楽しませようとする気持ちから発言していることが多いので、真剣にやっていないと決めつけるのはちょっと早すぎる判断かなと思いました。

そんなところで結論
結局、軽いチャットなら打とうが打つまいが、

勝てるときは勝てる。負けるときは負ける。

そこまで勝利に影響があるほどのことではないです。ただしウェーブと絶の震撃を何度もくらいながら悪びれる様子なくチャットを打っているようなら笑顔でグーパンチしましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧ふふ

前置きが長くなりましたがそんな私が最近チームメンバーと一緒にいったわくわく楽しいスコパイ遠足の一部始終をご紹介しましょう。

 

攻略の虎流ミッションNo.1 ~リンク先は顔で選べ~

フレ同士の場合、HPリンク先を選ぶときの基準はわりと適当です。
わが攻略の虎ではこのように選別しております。

挑むときは全力でお肌のツヤ感を出していきましょう。

 

ちなみにこの日は強さ3だったので自発的にこのようなことを言ってみました。

チーム内は「有言実行」

軽い気持ちの発言もすぐに証拠を掴まれてしまうので気を付けましょう。そして集合場所へ。

 

攻略の虎流ミッションNo.2 ~遅刻は厳禁~

ふと集合先を見るとみんな既に集まっていることってありますよね。
もし自分が最後にたどり着いたときは軽く挨拶をすると良いでしょう。

常ならOK!と許されるはずのやりとりも我がチームは歴戦の猛者の集まり。分刻みでスケジュールが埋まっています。自分の支度に手間取り仲間の大事な時間を取らせてしまってはいけません。絶対に遅刻はしないようにしましょう。

 

攻略の虎流ミッションNo.3 ~全滅したときの対処法~

どんな強者も必ずミスをするものです。偶然が重なりたまたま熱波に当たってしまうこともあるでしょう。
もちろんそんなときは・・・・

基本、全部見てなかったことにしましょう。

 

もちろん全滅しても・・・

全部ノーカンで!

この一言でほとんどいけます。こういうポジティブな空気感を大事にしましょう。お互いに謝りあうよりもプラスの空気が流れます。

 

ただときにはショックのあまり・・・

 

メンバーが記憶喪失になることも。そういうときはみんなでフォローしましょう。

 

攻略の虎流ミッションNo.4 ~アドバイスは的確に~

ザオトーン中に悲劇が勃発し一人になってしまった。(しずくを!!!じゃなくてやいば?!いや間に合わない、あわわわわわ!!)

 

絶体絶命のピンチ。
そんなときは仲間にアドバイスを求めましょう。

 

的確なアドバイスです。

さすが実装時に朝から晩まで何戦もこなし苦労とともに称号を手に入れた強者たち。仲間のアドバイスは真摯に受け止めましょう。

 

攻略の虎流ミッションNo.5 ~攻撃を回避されたときは~

みかわしが高いこのスコルパイド。攻撃をかわされることもしばしばあるでしょう。

 

そんなときは・・・

 

ふと空を見上げるのも悪くないものです。

 

もちろん仲間が失敗したときも・・・

 

なにか新しい発見があるかもしれません。ただし天候とパクリ疑惑には気を付けましょう。

 

攻略の虎流ミッションNo.6 ~ザオトーン中の在り方~

ザオトーン中に死んでしまった。よくある光景です。「あのときああしていれば・・・・!」などと自分を追い込みすぎてはいけません。こんなときは頑張ってくれている仲間に感謝しつつ一息休憩をしましょう。

 

戦闘前に必ず挽きたてのコーヒーを常備しておくとベターです。

 

 

コーヒーは飲み方に好みがありますので
無糖、微糖、砂糖多めかは必ず聞くようにしましょう。

 

 

そうあっという間の1分間です。
急いで豆を挽かなければなりません。

 

コーヒーが出来た頃に休憩が終わってしまいました。戦闘が終了したら頑張ってくれた仲間の分もきちんと入れてあげましょう。

 

以上 我が攻略の虎チームでした。

 

結果、この日は勝てませんでした。
皆さんやはり戦闘中のチャットは控えめにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。