地雷魔法出荷乙~すこーしもさむくないわー~

アイリの「ドラクエ10だよ!全員集合」

 

 

 

ブログランキング参加中!

 


先日お友達のごっどさんとゼルメアへ行きました。

数周終わったころ・・・


と、一言。

見てくださいこの無表情を。
感情が全く読めません。

会話が世界レベル。

こんにちは。
週イチブロガー アイリです。

今回の記事は、

★第①話 地雷魔法出荷乙
★第②話 【アイリ版】アナと雪の女王

2本立てです。
みんな!良かったら最後まで見てくれよな!

 


第①話 地雷魔法出荷乙


ジェルザークとかいうやーつ。
2週間くらい前、実はひっそりと3のヤツを横たわらせることに成功しておりました。今回はそのときの軌跡をお伝えします。

 


★1度目の挑戦。夜22時~翌6時


最初は8時間、同じ仲間とともに挑戦しました。
・・・が、勝てず。

当初挑んでいたとき、私は魔戦で3討伐を目指していました。
途中ふと気が付いたのです。

 

 

そう。
自分の何かに限界を感じました。
ここで同じPT内に魔戦が出来るメンバーがいたので、

 

地雷魔法が誕生した瞬間でした。

 

ただこのときの私の装備はカテドラル。
ソポスと比べて状況によりザコ処理する際に生じる微妙な差が致命的な一歩になり得るという話に発展。
買い替えを悩むアイリにネオ様の一言。

この言葉が背中を押してくれて購入を決意。
更にこの時点で智謀の首飾りも完成しておらず金ロザをしていました。選択肢が無いということに、いかにアクセ作成をサボっていたかが浮き彫りになりました。。

 

ここでワッタラ姫の一言

 

ええ・・もちろんですとも・・・!
ここから2日後の決戦に向けてとにかくゲルニック。
フレを誘っては朝までゲルニック。
イチ・ニー・サン・シー ゲルニック。

 

・・・しかし、なかなか炎が付かない悪戦苦闘。

 

最終的には周囲のフレがみんな完成してしまい・・・
決戦日当日の朝方にはガラガラのグレン鯖1で叫び続けました。

 

こうしてとうとう・・・

 

キタコレ。
ついに完成。


★2度目の挑戦。夜22時~翌5時


魔法で挑むこと約7時間。

同じメンバーで挑んだ結果、

敗北しました。

この時点で私以外は全員既に3討伐済の称号を持っております。

おかげでこんな自虐フレーズを思いつきましたお。

魔戦から魔法になっても勝てないものは勝てない。
私が変わらなければ勝てない。自分の無力さに一緒に挑んでくれたメンバーに感謝と申し訳ない気持ちでいっぱいでした。また2日後、再リベンジを誓いこの日は終了。

 

ここで、仲間がアドバイスをしてくれました。

そう。
この時点でのアイリは魔法特化の絆エンブレムは無かった。
必要な宝珠は付けているものの飾り石はバラバラでした。
杖スキル?どれが良いのか自信ナッスィン・・・
そもそも自分の準備と勉強不足を痛感しました。

 

ここでさらに2日後の決戦に向けて
「絆時100%魔力かくせい」のエンブレムを作るため、モンス格闘場へ通いました。討伐された動画は何度も見ました。宝珠は魔法特化型オンリーへ。その全てを3珠にして少しでも多くポイントも振れるように総入れ替え。出来ることは全てやりました。

 

自分は今までなんてナメプだったんだと。
痛感しました。
こんな心意気で勝てるわけがない。
そんな反省だらけの2日間でした。

 

そして・・・


★3度目の挑戦。夜22時~翌4時


3度目正直。

 

ネオ様の厳しいご指導が続き・・・

 

 

とうとう長い戦いに幕を下ろしました。

トータル20時間超えの戦いでした。
ダメなところ、出来てないところ。
ちゃんとハッキリ言ってくれたからこそ私も気が付けました。
指摘されることが苦手、という方も中にはおられるかもしれません。
でも私は、その厳しい言葉の裏には愛情しか感じませんでした。おかげで少しだけ成長できた気がします。たくさん指導してくれて、最後までとことん付き合ってくれたネオさん、ワタラさん、ふっくらさん、そんな仲間たちに最高の感謝を。
本当にありがとうございました。

 

以上「地雷魔法出荷乙」のお話でした。

また、いつでも行きましょう!


第②話 【アイリ版】アナと雪の女王


 

とある日。

 

 

エルサを探すアナ。

 

 

― 氷のお城 ―

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして帰り道・・・

 

 

ー 完 -

 

氷の領界へ行くとこの映画を思い出しませんか。

 

今回の記事は「地雷魔法出荷乙」「(アイリ版)アナと雪の女王」のお話でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓ みんな!良かったらポチしてくれよな! ↓