タンスにゴーン~クリフダーツ~変態集会そしてきょうこさま生態調査

先日行ってきたタンスにゴーン集会。

30分タンスを出して話すだけという斬新なイベントですが予想以上の集まりに戸惑う主催者。

 

既にこの空気感に耐えきれなかったのか、始まるカウントダウン。

 

 

そしていよいよ集合写真では・・・

 

 

これは「タンスにゴーン集会」

 

 

タンスどこいったの・・・

 

 

アイリです。

ブログ記事について

最近は書きたい記事がたくさんありすぎて、今のブログ更新ペースでは完全にネタが増えていく一方で追いついていません。毎日記事UPしているブロガーさん本当に尊敬します。

私がブログを書くときには、だいたい1つの題材を軸として1タイトルで書いております。

だがしかし。

このままのペースでは完全に間に合わないので、今回は書きたいものを好き放題書いていっちゃいますお。

えへっ(∩´∀`)∩

先日クゥさん主催のクリフダーツにゲストとしてお呼びいただき行って来ました!
崖からゲストが飛び降りて踏まれたらラッキーというイベントです。
ゲストの自己紹介からの~

 

崖上から飛び降ります。

 

 

アイリはガンダムとなり・・・

 

 

着地で2人ダブル!

ジャスパーさん、まうりゅさん おめでとうございます。

 

 

そしておそらく誰も気が付かなかったと思いますが・・・
実は細かく衣装を仕込んでおりました。

 

こちらです。

 

飛ぶときは武装しガンダムへチェンジ。
ただやはりあんな高い崖から落ちたら当然軽傷じゃすまされないはず。こっそり傷だらけドレアも用意し、着地後に地味に変身していたのでした。

誰も気が付かなかったけど大満足ですお( *´艸`)

 

写真は全部載せられそうになかったので、一部だけまとめてみました。

主催のクゥさん、スタッフの皆様、ゲストの方々、来てくれた皆様、貴重な機会本当にありがとうございます。また次回の開催も楽しみにしています。

 

こちらも先日行ったゲッツさん主催の「絶対にしゃべってはいけない」という斬新なイベント。
白チャット禁止。
焦らし系イベントです。

しかし・・・

 

開始から5分経過。

 

この空気に耐えられなくなった主催者。
なんと急遽「トークOK」に企画変更。

いったいなんの集まりかさえわからなくなった私たち・・

 

この手のクソイベが大好きなぽり~さんも来ていました。

 

 

ぽりーさんいわくこの終了のカウントダウンが始まるのはクソイベの特徴であり、それも醍醐味なんだとか。

 

そしてとうとうリレミトで脱出を図ろうとするきょうこさま。

 

そんなことをしていたら終了時間に。ここにいるみんなは初対面が多かったのですが、最後には達成感でよくわからない絆が現場に生まれていました。

 

後からじわじわきます。
第2回も開催されるのでぜひチェックしてみてね。

 

そして先ほどの集会で脱出しようとしたこの彼女。
最近よく遊ぶきょうこさま。

有名ブロガーである彼女の生態を知りたい人は多いでしょう。今回は特別にちょっとだけご紹介いたします。

①本来の姿

 

このようにキレの良い斬新なチャットを常に返してきます。そんな彼女の紹介文にこんなことが書かれていました。

 

 

疑いつつ本人に確認してみると・・・

 

本名が「ホンダツバサ」なのでしょうか。
なので、そっくりって言わないであげてください。
※あくまで自己申告

 

②食生活

これまたとある日。
お友達であるきららちゃんの素敵なおうちでキラキラ女子会した日のこと。

 

類は友を呼ぶのでしょうか。
私も含めて美女だらけです。

 

そんな中、彼女がこんなことを言い出しました。

きょうこさまの食生活が垣間見れた一瞬でした。

 

「プクは食べ物」
これは広辞苑に載せておきましょう。

 

③収入源
この日は彼女がバザックス狩りへ出向くというので同行しました。

 

アイリはバザックス狩りが初体験。
どのくらい稼げるのか気になります。

 

 

明日には1億になっていると言い切る彼女。

 

 

わかりやすい答え

 

 

どんどんアイリの期待が高まります。

 

しかしなかなか皮を落とさないバザックス。
心配になって再度聞いてみるも・・・

 

初志貫徹。
やはり良い女は信念を持っています。

 

教訓:オーガを疑うべからず。

 

私も彼女の精神を引き続き参考にしたいと思います。
以上、生態調査でした。

 

最後に・・・

アストルティア耐性調査といえばこの人。
我が攻略の虎チームリーダーなつお氏。

今度は生態調査まで始めようとしているとは。

 

みなさん気を付けてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。